【介護医療事務】ケアクラーク技能認定試験

医療事務の中でも介護の分野に特化した資格です。
一般的な業務内容は、介護保険の請求手続きをメインとする専門事務員ですが
仕事内容としては医療事務などと比較的近いといえます。

image.jpg

<試験の傾向と対策>
ケアクラーク技能認定試験は資料を持ち込むことが可能です。
資料を持ち込んで受験するために暗記や丸覚えを行う必要がありません。
重要な点を理解しているのかを問う試験なので、このような仕組みとなっています。
学科試験は出題内容をしっかりと理解すること。
レセプト作成の実技試験は、ただ講座などで対策を受けるだけでは不十分で
自分でレセプトを作成し、読んだり書いたりする勉強も必要になってきます。
上記2点のポイントを押さえていると、比較的容易に合格できる試験だと言えます。


<資格取得のためのおすすめ講座>







試験概要
試験の目的
介護事務業務に従事する者の有する知識および技能の程度を評価・認定し、職業能力の向上とその社会的経済的地位の向上に資すること。

試験の対象
居宅介護サービス機関、介護保険施設等における日常的な事務処理、窓口業務、居宅サービス・施設サービス報酬請求事務等の業務に関する職業能力を評価の対象とします。

受験資格:特になし

試験日程:年6回(4月、6月、8月、10月、12月、2月)

試験会場:各都道府県内の公共施設等

試験内容・時間
学科
介護事務知識/筆記(択一式)/25問/50分
実技
介護報酬請求事務/介護給付費明細書作成/2問/60分

受験料:6,700円

試験申込
1.当該試験日の2ヵ月前より、当該試験日の2週間前までを受付期間とします。
2.所定の受験申込書に受験料を添えて、当該受験地域の日本医療教育財団支部へ郵送(現金書留)またはご持参ください。
3.申込手続き後、受験票を発行します。

合否の判定
学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上を合格

試験結果の発表
当該試験日から約1ヵ月後に郵送により通知

技能認定合格証の交付
当該試験結果通知から約1ヵ月後に郵送

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック